151画 151画

Blog

151画 Products のご紹介

2019.6.29

皆様こんにちは!今にも蝉の鳴き声が聞こえてきそうな今日この頃。皆様いかがお過ごしですか?

プライベートフォトサービス151画を立ち上げ、皆様のあたたかいサポートを支えに今年4月には1周年を迎えることができました。そしてこれからも皆様にオリジナルのモノコト販売や出張撮影サービスを通して、 日常生活の中でより多く「今っていいな…」と、そんなふうに思ってもらえるきっかけをお届けしたいと考えています。

そして現在は「私たちだからできること」「私たちでなければできないこと」「私たちが届けたいこと」を考え、151画ならではの価値をモノやコトなどを通して形にしています。まだまだ制作過程ではありますが一足先にみなさまにちょこっと、ご紹介させていただきます!

 

ーーーーーーーー

■ 151画 Products 
「豊かな生活は、想い出をていねいに扱うことから始まる。」という想いから、 豊かさとは何かを考え抜いた末に、私たちは一見時代錯誤的にも思える “写真のある生活” をご提案します。

 

01.Art frame / 製作過程

 

02.フォルダ :写真を “贈る” / デザイン画

 

03.アルバム:写真を “めくる” / デザイン画

 

04.151画プリント:写真を “選ぶ” / 製作過程

 

05.ひかりのあしあと:写真を“置く” / 製作過程

 

06.オリジナルBOX: 写真を “積み重ねる” / イメージカット

 

■ コラボProducts 
「〇〇 × 151画」として、音楽家・料理人・イラストレーター・ママなど様々な人々とコラボレーションを行い、 
何気ない日常が宝物。というコンセプトの元、新しい価値を考え直しています。

 

01.Ai×151画 朝のじかん:食 / 製作過程

 

02.zmi×151画:音 / 作曲風景

 

 

 

最後に

少しでも皆様にお届したいという気持ちもありますが、ひとつひとつを丁寧に私たちにしかできないモノ・コトを製作するという想いを大切に焦ることはせず、進んでいきたいと思っています。けれど、きっとご紹介できる日も近いはず。ぜひ、楽しみにしていてください!

 

繰り返される毎日を今よりほんの少し「いいな」と感じられるように。

コンセプトは、「何気ない一日が、宝物。」 
日常のなかにこそ、幸せや喜びがたくさんあると信じています。

 

関連する記事
家族写真:出張撮影で残す世界で一つの価値ある1枚
家族の記録:残すこと振り返ることが今を豊かにする
建築家 松島潤平さん家族:三つ子の育児から普段の暮らしまで

江守 勇人 / 木島 夕貴

151画フォトグラファー兼ライターの二人組。プロフェッショナルとして写真や日常というキーワードと日々向き合い、様々なことに見つめ直しています。

日常風景の出張撮影 「151画」
“ 何気ない一日が、宝物。” をコンセプトとし、
通りすぎていく喜びを思い出に残すフォトサービス。

Categories: