151画

↓

ABOUT US

151画について

暮らしにひそむ物語に光を当てる各種フォトサービスや、「想い出をていねいに扱うこと」を提案するプロダクト、社会課題に対して私たちだからできる活動など、写真撮影や言葉、ものづくりを通して新しい日常の「感じ方」を届けています。

PHILOSOPHY

企業理念

日常の感じ方を変えるために、光を形にしていく

151画にとって光は、とても大切な存在です。
まぶしい朝日や、やさしい夕日。窓からの日差しや、おだやかな木漏れ日。その時々の光から着想を得ながら、撮影や製品開発、社会活動などに取り組んでいます。

——— 私たちはいつも考えています。
その「光」を形にして、それをあなたに手渡したいと。
その光はたぶん、ろうそくのように、ささやかなものです。
日常を変えることはできないでしょう。
しかし、日常の「感じ方」を変えることは、
きっとできると信じています。

これからも151画は、光を形にしていきます。
あなたに光を手渡すために。
そして、あなたの日常の感じ方を変えるために。

151画のこれまでのストーリーや大切にしていることをより詳しく読んでくださる方は OUR STORY をご覧ください。

OUR BUSINESS

事業紹介

日常(風景)の出張写真撮影

暮らしの出張写真撮影

「何気ない一日が、宝物。」
出張写真撮影を通して、暮らしにひそむ物語に光を当てるフォトサービスです。過ぎ去っていく光景を151画の視点で紡ぎ、今をより大切に向き合える体験と、何年、何十年先へと時間を超えて大切にできる思い出をお届けします。

企業への出張撮影

企業への出張写真撮影

「日々の業務に、スポットライトを。」
従業員一人ひとりの日々働く姿を151画の視点で写真に留め、会社や上長の方から従業員の方々へ、感謝の気持ちを伝えるレターセットとして納品するサービスです。
写真にメッセージを添えていただくことで、従業員様が自ら働く姿を客観視し、働く意義や誇りを再認識するサービスとしてご活用いただけます。

OTHER

ドキュメンタリースナップ撮影

企業や団体の皆さまの目的・コンセプトに合わせた写真撮影を行っております。私たち151画の強み「手触りのあるドキュメンタリースナップ」のノウハウを活かし、飾らない自然体で温かみのある写真体験をご提供いたします。広告や求人、年次報告書、イベント記録などでご一緒させていただくことが多くありますが、どのような内容でもご相談ください。

プロダクト

プロダクト企画

想い出をていねいに扱うことを提案する151画オリジナルプロダクトから、木漏れ日をテーマにした雑貨ブランド「こもれ-日」、日常の美しさをテーマにしたカジュアルアートを展開するブランド「in daily life」といった2つのブランドのプロデュースも行っています。それぞれ151画だからこそ向き合える、日常の再認識のきっかけ作りや手触り感などを大切に商品開発を行っています。

幼稚園/保育園への出張撮影

幼稚園/保育園への出張撮影

幼稚園や保育園で過ごす誰の記憶にも残らない一瞬を、もしも子どもたちに手渡すことができるならば、20年後のその子たちは、自分の笑顔に 涙に 眼差しに勇気づけられるのではないでしょうか? そんな想いで行っている幼稚園・保育園向けの出張写真撮影サービスです。日常保育風景にスポット当てた撮影サービスから年間行事の撮影・販売、卒園アルバム制作までも承ることが可能です。

FOR SOMEONE

私たちができること

151画だからこそ向き合える課題に対して、
一つ一つ丁寧に取り組んでいきます。

今の自分だから

今の自分だから

「あなたの周りに集まる人は、今のあなたが好きだから、今そばにいるんだよ。」 つい先日、とある友人に言われた言葉だ。相手の期待を上回るような写真や文章をつくらなければいけないと思って発した私の言葉に対してのことだった。私は、とことん自分に自信がない。今のままの私の何が良いのかがわからない。20代の頃は活気に溢れ、負けず嫌いな性格から目標設定は高く、狭き門と言われた壁を乗り越え、不器用ながらもその目標…

KUUHAKU ART & Select 様にて151画商品を取扱いただいております。

KUUHAKU ART & Select 様にて151画商品を取扱いただいております。

    インスタグラムのDMに、一通のメッセージが入りました。その内容は「151画のコンセプトブックをお送りいただけないか」という、お問合せのメッセージでした。

頭の中の不思議

頭の中の不思議

私は、文章書く時に2つのステップがあります。写真を見て、文章で残したくなる時もあるし、文章が残したくて写真を漁る時もあるのです。     どちらかというと今回は後者なのですが、いつだってうまく表現できる自信はないものです。私の性格は、たぶん、一般的に見ると少し曲がっているように思います。まっすぐに見えて、どこかちょっと違う方向へ曲がっている。正くは、違う方向にまっすぐ伸びちゃっ…

忘れたくない自分

忘れたくない自分

切れてしまう ご縁 切ってしまう ご縁 切られてしまう ご縁 10代・20代の頃親しかった友人と連絡すら取らなくなってしまうなんていうことはよくあります。     好きなことが変わって話すことがなくなった・ライフステージが違う いろんな理由があるけれど私が思うのは、何を話すとか関係なく、その人といる時の自分が好きかどうかだと思うのです。目指すものが変わったり好みが変わってしまっ…

忘れるに値しない日々

忘れるに値しない日々

2022年の年末は、今まで通りとはいかないけれど、忘年会という言葉をよく耳にしました。皆さんはいかがでしたか。 151画としても、忘年会という名を借りて、美味しいものでも食べに行こうという話しに。この会話、どこでご飯を食べようかと話すのが次に想像する流れのような気がしますが、そうもいかないのが私たち。そもそも 忘年会 という言葉の意味はなんなのだろかと調べ始めました。     …

「今」に向き合い得たこと

「今」に向き合い得たこと

先日、中判カメラをもって、ちょっとした撮影にでました。カメラについてあーでもねーこーでもねー話をしながら、時にしっかり光景と向き合い撮影し、合間で美味しいご飯を食べたりした一日。 ところが、終わりがけに気付いた設定ミスのハプニングで、もしかしたら今日の写真全部がちゃんと写真に残っていないかもしれないという事態に。 その日レンズ越しに見た、感じた、受け取ったものが、手に取れないのかもしれないと知って…

心地よさを見つける

心地よさを見つける

  空が広く、自然が豊かなこの街に暮らすようになって、気がついたことがあるんです。     天気、空、光、風、空気、緑の色・・・自然のいろんなものと、心はリンクするということ。 朝日が登る時間や、優しい木漏れ日を落としてくれる日中のお日様は、私の心を晴々とさせてくれます。同時に、日没間際の空が闇に包まれ始めたとき、太陽が暑い雲に覆われたとき、寒くて寒くて体が縮こまって…

言葉の贈り物

言葉の贈り物

先日、中学生の頃から親しい友人と久しぶりに会いました。出会った頃は毎日のように一緒にいて、もう20年もの付き合いになります。本当に、長い。近況報告であっという間に時間が経ってしまうほど、会える頻度はそう多くないけれど、お互いが会話の中でアウトプットしたことに対して、相手から反応がもらえて、また自分の内側に言葉を戻す・・・そんな感覚で心地よい時間にしてくれる友人です。     ふ…

音と記憶

音と記憶

私はよく、文章を書きます。今もこうやって、「もしかしたら、誰かが読んでくれるのかもしれない。」なんていうふわふわした状態で、デスクに向かって文章を書く、ということをしています。この時間は、私にとって、自分と向き合うとても大切な時間です。     文章を書く時は、決まって音楽を聴くのですが、必ずと言って良いほど、ピアノの曲です。優しさの中に、小さな華やかさや切なさを感じられるよう…

今、思い出すこと

今、思い出すこと

いつもと同じように一日を過ごしていると、あっという間に陽が落ちて、今日が終わることに焦りを感じます。秋の始まりはいつだってそうです。肌に当たる空気が凛とし始めて、空が少しずつ高くなって、見える景色が変化していく。なんとなく知ってるこの感覚に、いつの日かと同じように、とても寂しい気持ちになった今年の秋。この気持ちはどうやって埋めればいいのでしょうか。     留守番電話に残ってい…

RECRUIT

求人情報

CONTACT(お問い合わせ)
よりお問い合わせください

COMPANY PROFILE

会社概要

会社名 株式会社151画
所在地
Tel 042-911-9968
Fax 050-3145-2919
MAIL info@151-e.com
代表者 江守 勇人
設立 2015年5月15日
事業内容 各種写真撮影サービス、プロダクト開発、ブランディングデザイン、イベントの企画・運営、コンサルティング
URL https://151-e.com/company/

CONTACT

お問い合わせ

お名前 ※入力してください
会社名/団体名/園名
メールアドレス
メールアドレス(確認)
タイトル
メッセージ