Diary

151画のフォトグラファーについて

今回は皆様に直接深く関わりのある
151画フォトグラファーについてお伝えいたします。

“写真が上手い人”はこの世界にたくさんいます。
感動する写真・元気になれる写真
美しい写真・かっこいい写真。

写真の表現は自由だからこそ、
すてきな写真に出会ったことがある方も
沢山いるのではないでしょうか。
もちろん、私たちもその一人です。

けれど151画の写真は、100人…いえ、1000人の人に良い写真だと言ってもらえても、必ずしもそれが正解ではないと考えています。その写っているご家族に良いと思っていただくことができなければ意味がないのです。
私たち151画の目的は「ご家族の日常の中で通り過ぎていく幸せや喜びを思い出に残す」ことです。そして私たちにとって写真とは、その目的を表現するためのひとつの手段だと考えています。

嬉しいことを嬉しい気持ちで表現すること。
悲しいことを悲しい気持ちで表現すること。
まったく違う表現に感じるけれど、私たちはその先にその人だけのかけがえのない時間を残しているということを忘れることはありません。
151画のフォトグラファーは人から人へ技術を伝えていきます。マニュアルや参考書を見て学ぶだけでは決して得ることができない、151画マインドをのせて技術と人材の育成をするためです。その育成には少しの時間も惜しみません。だからこそ、私たちのゴールはぶれることなく一つとなり“家族写真”に特化した専属のフォトグラファーが生まれます。そして日々スタッフ全員が成長していくことができるのだと信じております。
お写真を見ていただいた時にご家族の皆様が、過去に過ぎ去った日常をかけがえのない時と感じ、自分たちだけの大切な宝物が届いたと思っていただけることが何よりも願いです
そしてその幸せの共有を私たち自身が心からの喜びだと、本気で感じることができるフォトグラファーがいます。