151画 151画

Blog

【家族と写真】 第2回 〜根岸様ご家族〜

2018.6.29

第2回目の「家族と写真」は、以前、お母様の還暦お祝いのお写真を撮影させていただいた根岸様ご家族です。ご家庭にはお子様の成長がわかるような家族写真が丁寧に飾られていた事がとても印象的でした。

ご家庭の生活の中で皆様自身の家族写真がどのような存在なのかをお伺いしました。ご家族の中でうまれるすべての思い出を大切にされているお気持ちが伝わる素敵なご家族です。

木島:
飾ってあるあちらのお写真はいつ頃撮影したお写真なのですか?

真知子さん:
3歳・5歳・7歳、そして成人式。七五三かな。1枚目の写真の孝太郎は1歳ね。そうそう、足袋が痛くて嫌だのなんだので大変だったわ!一番大きな写真はお父さんが還暦の時で、大宮で食事をした日なの。すごい大雪の日!もうドカ雪!!2週連続で降った1回目の雪の日で、行けるかしらね・・・なんて言いながらどうにか行ってその日がちょうど還暦の日でね。撮影をするなんてことは聞いてなかったんだけど子供達がサプライズでカメラマンを用意してくれていて「今から撮影するから」って急にはじまって撮ったの。木島さんに撮ってもらったのは私の還暦の時ね。いつも記念の時にああやって写真を撮ったりしているの。

木島:
そういったお写真は撮ってからすぐに飾られているのですか?

孝雄さん:
一番左の写真が最初に置かれてそこからずっと。もう色があせているけど・・・ここにも沢山あるよ。

真知子さん:
この写真はね、お父さんがお仕事お休みの日に散歩に連れて行ってくれている時の写真!みんなお互いに大好きなものを持って出かけるの。孝太郎はこの時は車ね。久美はなんだろう?

久美さん:
テクマクマヤコン・・・(笑)

木島:
私も同じの持っていました!!指を乗せると光るんですよね!!(笑)

真知子さん:
それを持ってニコニコしながらずーっと散歩して帰ってくるのね。その間に私が家のことをしたりとかしていたわね。

久美さん:
他の写真はアルバムに入っているのですが、この辺りの写真だけはこの部屋にずっとずーっと飾ってあるんです。もう無意識に存在していてこの部屋の一部になっています。

木島:
食事を囲むスペースや、ゆっくり過ごすリビングにお写真を飾っている理由はありますか?

真知子さん:
子供達が小さい頃の一番可愛い頃の思い出のものを身近において見ていたいっていう気持ち。部屋を片付けている時とかにアルバムを見つて見始めちゃうと時間があっという間に過ぎて他のことが何もできなくなってしまうから(笑)

木島:
いつでもすぐ目に入る場所に置いてそばで見ていたいから生活の中で長い時間を過ごすお部屋に飾られているのですね。

孝雄さん:
もう生活の一部だね。供達2人とも家から出ていた時期があったらから、こうやって写真を置いておく事が自然な流れだったんです。冷蔵庫の上にも写真があったり。ただなんとなく置いただけだけど、もうずっとそのまま(笑)

木島:
こちらも素敵なお写真!本当に仲良しなんですね!!ごく自然に時々に撮った写真がお部屋の中に増えて、生活の中に溶け込んでいるようなかたちに感じました。飾られているお写真に、つい目をとめてしまうのはどんな時ですか?

真知子さん:
掃除をしている時とかにふと自然と見てしまっている時はあるかしら。あと、ソファに座ってゆっくりしていたりするとつい目がいっちゃうのね。

木島:
その時って、どんなお気持ちですか?

真知子さん:
それはもう幸せな気持ち!!子供の頃の写真なんて、もう本当に可愛かったなぁーーーって!

木島:
生活や暮らしの側に写真がある事が当たり前になっていると難しい質問かもしれませんが、ご家庭の中に写真があるということが「よかった」と思うのはどんなことですか?

久美さん:
常に今を生きていると今の事しか思い出せないけど、ふとした時に写真がぱっと目に入って一瞬でもその時の記憶に触れると今の自分や環境に深みが増すように感じます。

孝雄さん:
あとは、いつも一緒にいられればそれでいいと思うけど、家族が一緒にいられないと写真があることで一緒にいられる感覚になれるね。

真知子さん:
時間が経ってから写真を見てその時の気持ちに返ると、私ってこうだったんだなって当時の事考えるのよね。当時は子育ても夢中になってやっているから気が付けなかった事とかも思い出すの。そういう振り返る時間が良いと感じるかしら。小さい頃からね、子供たちが作ったものとか全部保管してあるの。初めてとれた鼻くそとかケースに入れたりして(笑)夫婦で行った時にワインや新婚旅行でとったみかんとか!冷凍していたけれど黒くなっちゃった(笑)

木島:
え!!写真ではなくて現物をですか!?すごいです!!そういった思い出の物を保管しておく事と、お写真を撮って残しておくことはご家族にとって同じ感覚なのかもしれないですね。

真知子さん:
そうかもしれないわね。

木島:
それでは、皆様にとって「家族写真」とはどのような存在ですか?

孝雄さん:
家族の歴史的なものかな。全部が覚えていられないから思い出すためのアイテムのようなもの。形にする家族写真と、生活の中の家族写真なのかで役割は少し違うかもしれないけれどね。

真知子さん:
どちらかといえば生活の中の瞬間が良いわ。当時の事がより思い出せるから。

久美さん:
家の中にある写真、それ自体がもう家族の一部のような感覚。残そうと思って残したものというだけではなく、自然に残って行って自然に生活の中に溶け込んでいるもの。

〜最後に〜

根岸様ご家族にとって写真は、本当に生活や皆さんの人生の一部なのだと感じました。自然に生活の中に溶け込んでいるからこそ、きっと私の質問は普段考える事がないような事で、答える事は難しい事だったのではないかと思います。それでも、とても楽しそうにお写真についてお話ししてくださる根岸様ご家族は写真を心から大切にしていることが伝わりとても暖かい時間でした。時が流れていくと色褪せてしまう思い出も、生活のそばに写真が飾られているだけでその時のことを鮮明に思い出せることがとてもすてきですね。

 


 

【特集】 家族と写真

・第1回 〜丹野様ご家族〜 >
・第2回 〜根岸様ご家族〜 >

Categories: