151画 151画

Blog

いつもの公園で、家族一緒に過ごすからこそ見えてくるもの

2019.4.11

毎日のお散歩でいく、いつもの公園。当たり前の光景かもしれないけれど、過ごし方を変えたり新しいおもちゃを持ってでかけたり少しアイディアを絞ってみると新鮮に感じる事ができるのではないでしょうか。 そして、変わらぬ過ごし方だったとしても毎日少しずつ成長しているお子様の様子一つひとつに目を留めてみるとまた違った視点で公園が楽しめるかもしれません。普段ご家族の撮影をさせていただいているフォトグラファーの視点で、ご家族が公園で過ごすお時間をご紹介いたします。

01.

たまには家族全員で一緒に遊んでみると
違った景色がみえる

 

02.

いつの間にか上手にできるようになったシャボン玉
次はもっと大きく

目標をもってチャレンジする姿が頼もしい

 

03.

おもいっきり芝生に転がったら
それだけでなんだか楽しい気持ちになれた

 

04.

将来の夢はスーパーヒーロ!
小さくても公園で特訓

 

05.

少し遠回りをしてでも
風に当たってゆっくりお散歩

いつもより少し穏やかなな時間

 

06.

初めての滑り台に挑戦
どんな表情をみせてくれるだろう

 

07.

かくれんぼ
いつからそんなにすぐに
見つかってしまうようになったのかな

 

08.

季節が変わった空をめがけて
高い高いをしてみると
見える景色を楽しめる。

来年の春は、何回連続でできるかな

 

09.

いつもと変わらない家族だけど
ふだんの食事がとても美味しい時間になる

 

10.

新しい発見がある

 

11.

高いところへ
一人で登れるようになっていた

てっぺんで見せた嬉しそうな顔は
きっと忘れられない

 

12.

愛おしさに少しの不安が混ざり合うけれど
もう少し眺めていたい

 

13.

全力つかってかけっこ!

 

14.

いつもよりもっともっと大切に感じたお気に入り

 

15.

みんなで写真をとってみるけど
なかなか上手くはいかないことが
楽しい思い出

 

16.

目の前にあるものは
ぜーんぶ遊びの道具になる

 

まとめ

いかがでしたか?いつもやっている事だとしたらその時を大切に噛み締めてみたり、こんな過ごし方があるんだなぁと少しの気づきにつながったのであればとても嬉しいです。普段から過ごしている公園だからこそ発見できるかけがえのない瞬間にぜひ目をむけて公園で過ごす時間を楽しんでみてくださいね。

【写真】 江守勇人 木島夕貴

 

関連する記事
家族写真:出張撮影で残す世界で一つの価値ある1枚
家族の記録:残すこと振り返ることが今を豊かにする
建築家 松島潤平さん家族:三つ子の育児から普段の暮らしまで

 

江守 勇人 / 木島 夕貴

151画フォトグラファー兼ライターの二人組。プロフェッショナルとして写真や日常というキーワードと日々向き合い、様々なことに見つめ直しています。

日常風景の出張撮影 「151画」
“ 何気ない一日が、宝物。” をコンセプトとし、
通りすぎていく喜びを思い出に残すフォトサービス。

Categories: