151画 151画

Blog

誕生日の思い出:出張撮影だから残せる将来子どもが喜ぶ写真

2019.2.19

子どもの誕生日、ここまですくすくと成長してくれたかけがえの無い姿を写真に残していきたいと思うお母さまは多いのでは無いでしょうか。お誕生日はお父様お母様にとってもとても大切な記念日です。ファインダー越しではなくお子様と一緒にその大切な一日を楽しめたらきっと家族みんなが嬉しいですよね。 家族全員でお祝いしている時間を写真で残すことができたら、お父様お母様 そして20年後のお子様にとってかけがえのない宝物になるのではないでしょうか。そんな夢を叶えるお誕生日の撮影を出張フォトグラファーに残してもらうことについてご紹介いたします。

 

01.出張だから残せる瞬間



家族みんなでお祝いをする時間はその家族だけの時間がうつります。一つのテーブルを一緒に囲んで食事をしたりケーキを食べてプレゼントを開ける瞬間・・・お子様の笑顔はもちろん、家族の笑顔やその時の空気感などを残すことができるのです。

 

02.心から楽しむことができる




お子様の大切な記念日ですから、ケーキやプレゼントの準備をしたりお祝いの時にはいろいろな表情をカメラに納めたくなってしまいますよね。一日を通して写真を撮ることに集中してしまうとどうしてもお子様と一緒にお祝いの時間を楽しむことができなかったり、“残さなければ”というプレッシャーを抱えてしまうかもしれません。けれど、出張のフォトグラファーに依頼をすればカメラのことは少し忘れて、その時間を家族と一緒に心から楽しめるはずです。

 

03.フォトグラファーの視点




フォトグラファーが切り取るその日の思い出は、きっと今まで見ることができなかった視点の写真もあるでしょう。それはお子様をただ可愛く撮影してもらうということだけではなく自分自身が写っているということや、普段家族が自分たちで撮影する時には撮ることがないようなプロの視点で様々な瞬間をシャッターを切り届けてくれるからです。

 

04.出来上がった写真は家族全員の思い出として楽しめる



手元に届く写真は家族みんなが写ってます。1枚の写真から見えてくるストーリーを思いかえすように、どんな出来事の瞬間だったのか、どんな話しをしていたのかなど会話をしながら楽しむことができるでしょう。そしてそれは写真が届いた日だけではなくこれから先の未来、写真を見返すたびに暖かい気持ちになることができます。

 

05.20年後の宝物




20年後、お子様が大きくなった時のことをぜひ想像してみてください。もしかしたら大人になるにつれて、この日を忘れていってしまうかもしれません。幼い頃の楽しかった誕生日の思い出を、家族と楽しく過ごしていたのだとを知ることができたら・・・きっとお子様はご家族の目に見える愛に勇気付けられると思うのです。

 

まとめ

誕生日をお祝いしたいという気持ちが、思い出を写真で残して未来へ残したいという思いへつながります。 この大切な日の思い出を未来のお子様に残しながら、お母様自信が心からその日を楽しめることがとても重要ではないでしょうか。お子様の誕生日はご家族全員の大切な記念日。みなさんのかけがえのない1日が、お写真でお手元に届いた時に自分たちだけの大切な宝物が届いたと心から感じることができるはずです。

【写真】木島夕貴、江守勇人

 

関連する記事
赤ちゃんのちいさく愛おしい手足を写真で綴る
家族写真:出張撮影で残す世界で一つの価値ある1枚
家族の記録:残すこと振り返ることが今を豊かにする

 

江守 勇人 / 木島 夕貴

151画フォトグラファー兼ライターの二人組。プロフェッショナルとして写真や日常というキーワードと日々向き合い、様々なことに見つめ直しています。

日常風景の出張撮影 「151画」
“ 何気ない一日が、宝物。” をコンセプトとし、
通りすぎていく喜びを思い出に残すフォトサービス。

Categories: